2015年2月19日木曜日

今日、進学先の合格発表がありした。
おかげさまで合格できました。
いいことのようですが、これからなんです。
僕は学校に推薦して貰ったので、他の人よりも早く決まりました。
こうなると、受験勉強してる奴らに負けてしまうんですね。実力で。
すると、結局は勉強しておかなくてはならないのです。
勉強するのは当たり前だろ!嬉しいのは分かるが、
と思われたかも知れません。
実はあまり、嬉しいという感情は湧かなかったんですね。
どう思ったかというと、資本主義の冷酷さです。
できる奴らはどんどん上へ、出来ない奴らはどんどん下へと行くよういなってるんですね。
学校はできる奴らを取ろうと思うでしょうが、それでは出来ない奴らはどうなるでしょう?
社会でも孤立し、経済的にも苦しくなる一方かもしれません。
出来ない奴らこら採用にして、できる奴らに変えてやるこまが、できないものかと思ってしまいました。
でも、学校側はできる奴らを取って学校の
メンツを保ちたい訳です。
この2つの考えの対立も、社会全体で考えるべきではないでしょうか?